鏡面磨きにチャレンジ!革靴が鏡のように輝くハイシャインになる磨き方

汚れを落としてからクリームを塗って、ワックスを塗ってブラッシングして鏡面磨き(ハイシャイン)にする工程を22秒にした動画です。

鏡面磨き(ハイシャイン)の磨き方について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

靴磨きの4つのプロセスとコツ

靴磨きは「汚れを落とす」「クリームを塗る・伸ばす」「ワックスを塗る」「仕上げ」の4つの工程があります。それぞれ見て行きましょう。

ブラッシングとリムーバーで汚れを落とす

靴を磨く前に、まずは汚れ落としです。靴磨きは女性のメイクに例えられることが多いですが男性読者が多いと思われますので、ちょっと切り口を変えて男性のスキンケアにたとえてみましょう。(あまり変わってない?)

まずは、ブラッシング(馬ブラシ)とリムーバーでホコリや汚れを落とします。男性のスキンケアで例えるなら洗顔でしょうか。毛穴の汚れや油をサッパリと洗い流します。洗顔もせずに化粧水とか乳液塗りませんよね?

靴も同じです。

馬ブラシでホコリを落として、リムーバーで汚れや古いクリームを落としましょう。リムーバーで汚れを落とす際は、汚れが残らないように落としてください。汚れが残っているとワックスで磨く際にワックスの乗りがわるくなってしまいます。

ブラシとリムーバーは特に好みがなければ下記のアイテムをオススメします。

クリームを塗る

次にクリームを塗りましょう。男性の洗顔に例えるなら化粧水を塗るイメージでしょうか。クリームを通じて靴に栄養を与えます。革製品は靴に限らず生き物です。ジャケット・カバン・ベルトといった革製品には保湿用のクリームは定期的に塗ると寿命が伸びます。メンテのしだいでは一生モノになりますので、多少高くても長期的には得ですので、良いものを長く使いましょう。

話がそれたのでもとに戻しましょう。
クリームですが、塗る際の注意点は塗りすぎないことです。

モノには限度があります。塗れば塗るほど良いなんてことはありません。ミニブラシで塗っていると適量がわからないのですが、手で塗ると革にクリームが入っていく感覚がよくわかります。(汚れるのが嫌な方はブラシを使ってください。)

クリームを塗ったあとは豚毛のブラシでクリームを伸ばしましょう。コバ周りや履きシワに効果的です。

ワックスを塗る

鏡面磨きの主役であるワックスの登場です。男性のスキンケアで言ったら化粧水後の乳液でしょうか。(ちょっと無理があるか)

ワックスですが、一度塗ったら、もう片方の靴にワックスを塗りましょう。少し時間をあけて交互にワックスを塗ったほうが良いです。ワックスを塗った後に少し放置した方が早く輝く気がします。キッチリやる必要はないのですが、左右交互にワックスを塗るとちょうどよくなります。
あと磨く際に水をつけましょう。水をつけつつワックスを塗り続けていると自然と輝いてきます。

コツ:
鏡面磨きがなかなかうまくいかない方は、力が強い可能性があります。ゴシゴシ磨くと表面からポロポロと塗ったワックスが剥がれるのがわかります。丁寧にデリケートな女性を扱うように優しく磨いてください。

ピカピカにしたい場合はこちらのワックスがオススメです。

KIWI 油性靴クリーム パレードグロス 全色 50ml
ジョンソン (2012-10-22)
売り上げランキング: 29,603

パンスト・ストッキングで仕上げ

最後に登場するのが、女性用のパンスト・ストッキングです。目が細かいので、最後の仕上げにはピッタリなのです。

ん?そんなもの持っていない?

そこは女性に破れたパンストを貰うか、ネット通販でひっそりと買うかして調達してくださいw
ホント驚くほど輝きます。

靴磨きがもっと楽しくなる

ラジオ・BGM

無心になって磨くのも良いのですが、BGMやラジオ的な映像が無いものがあると楽しく磨けます。自分が気持ちよくなるモノであればなんでも良いので用意しましょう。

靴磨き翌日の他人の革靴観察

靴を磨いた翌日は他人の革靴を観察してみてください。磨かれていない靴を履いている人がとても残念に見えてきます。(月曜の朝は特に靴が綺麗な人が多いです。)

鏡面磨きをすると楽しくなるのでやってみよう

鏡面磨き、ハイシャインで磨いたピカピカの革靴
鏡面磨き(ハイシャイン)は、磨いている過程でだんだんと輝いて来るのが楽しいです。なれるまではなかなか輝かずに苦労すると思いますが、誰でも出来るようになるので愛情をもって優しく磨き続けてみてください。(それでも疲れますが、、、)

スポンサーリンク

フォローする