革靴にシューキーパー/シューツリーは必須!効果とおすすめ

革靴を長く使いたかったらシューキーパーは絶対に必要です。
シューキーパーには、いろんな効果がありますので靴と同時に必ず揃えましょう。
img_2561

スポンサーリンク

シューキーパーの効果

シューキーパーを使うと嬉しい事は3つあります。

除湿効果

1日履くと両足でコップ1杯分の汗をかくと言われています。
革製品は湿気に弱く、靴をよい状態に保つには湿気を抜くことが大切です。
木型のシューキーパーであれば湿気を吸収してくれます。
ぜひ、木製のシューキーパーを使いましょう。
吸収力がなくなってきたと感じたらヤスリで削ると蘇ります。

脱臭効果

靴の内部は、雑菌が繁殖しやすく、臭いを発生しやすい環境です。
特に仕事上の接待において、靴の脱着があるお店の場合には、臭いは致命的になったりします。
そんな所でマイナスイメージを持たれては勿体無いですね。
そんな時は、シューキーパーの脱臭効果が助けてくれますよ。

形状維持

もっとも重要な役割は、形状維持です。
シワを伸ばして形を維持することにより、美しい形を長期間に渡って維持してくれます。

シューキーパー選びのポイント

タテ・ヨコにテンションがかかるか

靴のサイズにフィットしていて、タテ・ヨコにテンションがかかるシューキーパーを選びましょう。
サイズが合わないとシワ伸ばし効果も発揮されません。

かかと部分がまるい

カカト部分が靴にフィットする形状のシューキーパーを選びましょう。
このような形(↓)のシューキーパーよりも丸まっている方がカカトに優しいです。
【靴長持ち】 木製 シューキーパー (シューツリー) スプリング式 2足セット メンズ 24.5-28.0cm 左右兼用 【まごころ】

無垢の木

木製のシューキーパーであってもニスが塗ってあるものはいけません。
無垢の木でないと脱臭・除湿効果が得られません。
絶対にむき出しの木の状態のモノを選んでください。

使い方

脱いですぐじゃない

タイミングとしては、靴を脱いですぐにシューキーパーを靴に入れるのではなく、ある程度自然乾燥した翌日の朝ぐらいに入れるのが良いと言われています。
ただし、翌日の朝にシューキーパーを入れ忘れるぐらいなら脱いですぐに入れたほうが良いです。
ちゃんとシューキーパーを入れることを最優先にしましょう。

長期保存であれば木製じゃなくてもよい

木製のシューキーパーを持っている靴の数だけ揃える必要はありません。
乾燥・脱臭が出来たと思ったら、プラスチックのシューキーパーでも十分です。
また、長期間履かないで保管しておく場合にもプラスチック製で大丈夫でしょう。

スニーカーにもたまに使おう

革靴だけにシューキーパーを使っていては勿体無いです。
たまにはスニーカーにも使ってあげましょう。
レザースニーカーやエナメル製のスニーカーにも脱臭・除湿用に使ってあげましょう。
レザーのシワも同時に伸びて長持ちします。

オススメ

4種類ほどシューキーパーは試した結果、もっとも価格が安かったこちらの商品が万能でした。
理由としては、足の甲のヨコへのテンションです。
他のシューキーパーだとヨコへのテンションがあまく、伸ばしている感があまりありませんでした。
このシューキーパーは変な小細工がなく、大きめに甲の部分をとっていることもあり、もっとも伸ばしてくれた気がします。
ヨコに開く仕組みモノよりもシンプルな作りで明快です。

写真だとわかりにくいですが、右足のシューキーパーが本商品です。
シワの伸び方の違いがわかりませんでしょうか?
shoekeeper
以上、シューキーパーにまつわるお話でした。
シューキーパーを使って靴を大切に使いましょう。

スポンサーリンク

フォローする